ビットコインのアービトラージとは?仮想通貨のサヤ取り戦略

「ビットコインのアービトラージで稼ぎまくってる人がいるらしい」

と聞いてこの記事に辿り着いた人も多いでしょう。

かく言う私は「稼ぎまくってる」か微妙なところですが、ビットコインのサヤ取り(アービトラージと同じ意味)をしばらく実践して、利益が出せるようになってきたのでブログにまとめてみます。

これからビットコインでアービトラージを試してみようという方は参考にどうぞ。

※注意 「仮想通貨アービトラージの自動売買ツールを買ったら全く使い物にならないといった」とよく聞きますが、はっきり言って無価値なので買わない方が良いです。
この記事の内容は手動アービトラージについてです。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

ビットコインのアービトラージとは

投資用語としてのアービトラージは昔から存在してます。

「似たような値動きをする商品を片方買い、片方売りでトレードして利ザヤを狙う」といった方法で、世界三大利殖法と言われるほど有名な投資法です。

同義語で「サヤ取り」という言葉もありますが、「利ザヤを取る」から由来しています。

ビットコインアービトラージは「取引所間の価格差」を狙います。
(似たような値動きの商品でなく、ビットコインだけを扱います)

取引所Aで安く買って取引所Bで高く売るのがビットコインアービトラージです。

後の手順で詳しく説明します。

特徴

・ローリスクで仮想通貨に投資できる
・時間と元本が多いほど有利

この記事を最後まで見てもらえれば分かりますが、負ける事がほとんどない投資法です。
その反面、1トレードの利益は少ないので何度もトレードを重ねる必要があります。

私は半年で3BTCほどの利益でしたが、時間と元本の不足感が否めませんでした(泣)
逆に言うと、時間があるお金持ちならもっと高みを目指せると思うので、ぜひ実践してみてください。

ビットコインアービトラージの手順

事前準備

※取引所の詳細は後述する「アービトラージに最適な国内取引所」を参照

_1.複数のビットコイン取引所に登録

_2.登録した全ての取引所に日本円入金
(常に迅速にビットコイン購入が出来るようにする為)

アービトラージ開始

例えば以下のようにビットコイン価格の乖離が発生したので、1BTCのサヤを取るとします。

取引所A:1BTC=300,000円
取引所B:1BTC=310,000円

_1.取引所Aで1BTC購入

(2.取引所Bで1BTC売却)

_3.取引所A→Bに1BTC送金

_4.取引所Bで、3で送金した1BTCの売却(と2で売却した1BTCの購入)

_5.取引所Bから取引所Aへ日本円を再分配してアービトラージ完了

_6.価格の乖離発生を待つ

2の売却は現物売りでなく空売りですので、BTCを事前に購入しておく必要はありません。

なぜ2の工程があるかと言うと、3の送金待ちの間に取引所Bでビットコイン価格が下落して、利ザヤが得られない場合があります。
そうなった時は空売りポジションの方で利益を出せます

ただし、空売りの手数料が追加になってくるので、毎回やった方が良いとは限りません。
私は下落しないと予想したら2の空売りを無しにしてます。
(予想の仕方はラインを使ったテクニカル分析ですが、主旨から外れるので割愛します)

よくある質問

ビットコイン価格の乖離はいつ発生するの?

一番多いのは指標発表による相場変動時で、ここは稼ぎ場ですね。
もう一つは、大口の売買で唐突な乖離が発生します。

こちらのツイッターアカウントは、ビットコインの価格差が発生したらリアルタイムでつぶやいてくれるので重宝してます。

海外取引所でビットコインのアービトラージは出来る?

結論から言うと、やめた方がいいです。

米国取引所(bitfinexなど)が常に安かったり、韓国取引所(bithumbなど)が常に高かったりするので、このサヤ取りを高回転で回したいと考える人もいます。
しかし、以下の理由から私は避けてます。

・日本円入金ができない為、クレジットカード等でビットコイン購入するも、手数料が高過ぎて利益が出ない。
・やりすぎるとマネーロンダリング等、取締りの可能性がある。

オルトコインでアービトラージは出来る?

結論から言うと、現状難しいです。

・国内取引所のオルトコイン売買手数料(スプレッド)が高い
・そもそも複数の取引所で扱ってるコインが少ない

これらは今後状況が変わっていくかもしれませんので、期待したいところです。

ビットコインアービトラージのファンドでも利益が出る?

ほぼ詐欺です。
配当金が未払いになっている事例をよく聞きます。

「あなたの資金をビットコインアービトラージで、月利100%増やします!」のように謳った案件がありますが、美味しすぎる話はハイリスクノーリターンですので、本当に気を付けてください。

「サヤ取りなら確かに儲かるから、ファンドに託そう」と思ってしまいますが、資金集め→逃亡が常套手段と聞きます。

ビットコインのアービトラージで赤字になった

少額取引だと赤字になる事があります。
なぜなら、手数料が利ザヤを上回ってしまうからです。
可能なら2BTC以上を回したいところで、そうすれば利益率も高くなってきます。

手数料が高い取引所でも赤字になりやすいので、下記の「アービトラージに最適な国内取引所」をご覧ください。

ビットコインアービトラージに最適な国内取引所

これまでの流れから、手数料が投資パフォーマンスに直結する事は理解して頂けたでしょう。

しかし、各取引所に日本円を予め入れておく事から、あまり多くの取引所を候補に出来ませんし、信頼できる会社に資産を預けたいのは私だけじゃない筈。

これらを加味して、4つの取引所でビットコインアービトラージを回してます。

※手数料は随時変動するので、公式サイトで確認をお願いします。

coincheck

・ビットコイン空売り:可能
・クイック入金:可能
・現物取引手数料:0%
・信用手数料/日:0.05%
・日本円出金手数料:400~756円
・BTC送金手数料:0.0005BTC

サヤ取り以外でも私がメインで使用してる取引所です。

coincheck公式サイト

bitFlyer

・ビットコイン空売り:可能
・クイック入金:可能
・現物取引手数料:0.1~0.15%
・信用手数料/日:0.04%
・日本円出金手数料:216~756円
・BTC送金手数料:0.0005BTC

国内最大手で、システムセキュリティがしっかりしてます。

bitFlyer公式サイト

Zaif

・ビットコイン空売り:可能
・クイック入金:可能
・現物取引手数料:-0.1%
・信用手数料/日:0.039%
・日本円出金手数料:350~756円
・BTC送金手数料:0.0005BTC

Zaifはマイナス手数料と言って、現物を買うだけで0.1%の利益が出ます。
短期トレードで重宝します。

Zaif公式サイト

Quoinex

・ビットコイン空売り:可能
・クイック入金:不可
・現物取引手数料:0%
・信用手数料/日:0.05%
・日本円出金手数料:500円~
・BTC送金手数料:なし

普段のトレードではあまり使用しませんが、価格乖離するケースが多いのでアービトラージで重宝します。

QUOINEX

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス