スワップサヤ取りに次ぐ資産運用を検討

経済1

最近はスワップサヤ取りの他にリスクを抑えた資産運用が出来ないか考えてます。

背景としては、余裕資金が増えてきたので投資を分散したいからです。

スワップサヤ取りの利回りは向上してるのですが、やはり資産の柱は3つ以上にしてリスク分散したい気持ちはあります。

そこで、私は外貨関連の投資しかした事がないので少し調べてみましたので、気になってるものを挙げていきます。

「そもそもスワップサヤ取りって何?」という方はこちらの記事を参照ください。

スワップサヤ取り総集編 FXでノーリスクに稼ぐ唯一の方法

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

REIT(リート)

不動産の投資信託です。

不動産投資と言うと、投資家が戸建やマンションを購入し、貸し出して毎月の家賃で収入を得る方法がイメージされます。

REITは投資家が信託に資金を預け、信託が複数の不動産で資産運用して利回りを投資家に還元する仕組みです。

これなら空き家が出来るリスクも軽減できるし、運用管理も任せる事が出来るので、不動産投資を気軽に出来るという意味で良さそうだなと思いました。

しかし、信託に任せるとなると手数料が発生するデメリットがありますし、自分の資産は自分で管理したいところですね。

株のサヤ取り

サヤ取りは株取引から始まったと言われています。

私が目を付けたのは、株価の上下に相関性がある銘柄を取引する「一般的なサヤ取り」ではありません。

配当サヤ取り」や「株主優待サヤ取り」です。

配当や株主優待が発生する時期だけサヤ取りポジションを持って、利益が上がれば決済するというものです。

一時的な投資で安定した利回りが受け取れるので、他の時期は別の投資に資金を回す事ができるのではないかと考えています。

これが出来るとしたら年利20%以上が簡単に実現できそうなので、きっと出来ない仕組みになっている気がしています。

もう少し調査してみて、メリットがある投資方法なら始めてみようと思います。

まとめ

今のところ上記の2案ですが、これから色々な低リスク投資を調べてみますので、良さそうなものがあれば記事にします。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス