三菱電気がトルコにエアコン工場建設

トルコ経済ニュース

三菱電気は13日、トルコに家庭用エアコンを生産する工場を建設すると発表した。人口増加や環境規制への対応から、需要拡大が見込まれるトルコ、欧州各国向けに出荷する。投資額は約70億円で、年間生産能力は50万台。9月までに着工し、2018年1月に生産を始める。
工場はトルコ西部のマニサ県に建設する。敷地面積は約6万平方メートルで、家庭用エアコンの開発も手掛ける。

出典:時事どっとこむ

日本企業からのトルコ注目度が上がっている事が伺えますね。

その主な理由はやはり、人口ボーナス期によって数十年先まで雇用が増加する事と、各国と貿易しやすい地理にある事でしょう。

この間はトヨタ自動車がトルコにてハイブリッドカーの開発着手を発表しました。

トヨタ自動車がトルコでハイブリッドカーの生産を発表

実際にトルコのGDPは2000年代前半から常に右肩上がりで成長しており、経済発展を遂げているのは間違いありませんので、トルコリラは投資対象に好ましいと言えます。

しかし、近隣国との国際問題や高いインフレ率などの課題も山積みですので、これらを解消していく事が、先進国入りの目標でしょうか。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス
スポンサーリンク
自動サイズアドセンス