トルコ政策金利発表 2016/5/24

トルコリラ指標ニュース

5/24、トルコ中銀より政策金利が発表されました。

政策金利発表結果

前回 今回結果 予想
7.50% 7.50% 7.50%

結果は据え置きです。

今回は新首相のユルドゥルム氏が就任してから初めての政策金利発表となりますので、この据え置きには大きな意味がありますので理由を下述します。

新首相就任後の方針が伺える政策金利発表

前首相のダウトオール氏が退任を発表した時に、トルコリラは暴落しました。
その時はトルコリラ円だと37.2円→35.7円ほどまで下落し、その後は36円台で横ばいが続いておりましたが、「政策金利が引き下げになるのではないか」という意図が多分にありました。

エルドアン大統領含む政府側は、政策金利の引き下げを要求しています。
ダウトオール前首相の退任により、政府が大統領制になる可能性が高くなったため、政策金利が下がる可能性も考えられていました。

しかし、今回据え置きの発表があってから1日経過した現在、円安傾向も相まって暴落前の水準を上回る37.5円付近を推移しています。

直近のトルコリラ

政策金利は一安心となり、今後は上値が重かった39.5〜40円のゾーンを目指していく動きになるでしょうか。

日本円の動きが何とも読みづらいですが円高目線は変わらないので、直近では40円超えは難しいところだと考えてます。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス
スポンサーリンク
自動サイズアドセンス