スワップサヤ取り5:レバレッジはどのくらい?

グラフ

今回はスワップサヤ取りをする際のレバレッジがどのくらいにすべきか、考察込みで話します。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

レバレッジとは?

FXを少しでも経験している方は当たり前に知ってると思いますが、初心者の方のために簡単に説明します。

レバレッジとは、自分の投資額以上の金額で為替取引ができるシステムです。

例えば、南アフリカランドが1通貨あたり10円だとします。
そして、投資額(FX口座に入金している金額)が10万円だとします。

では南アフリカランドを1万通貨買うとすると、
10円 × 1万通貨 = 10万円分のランドとなり、投資額と同じになります。
この状態がレバレッジ1倍です。

これを10万通貨買うとすると、
10円 × 10万通貨 = 100万円分のランドとなり、投資額の10倍となります。

このように、ほとんどのFX口座は25倍までレバレッジを効かせる事が可能で、自分の投資額以上の取引をする事ができます。

スワップサヤ取りのレバレッジはどのくらいがいいの?

結論から、6〜8倍がベストです。

もちろんレバレッジを上げた方が利益が上がるスピードは早いですが、10倍以上になるとリスクを伴ってきます。

ただ、スワップ狙いで資金運用する時は3倍以上にすべきでないと言う定説があります。
もし暴落が起きた時にロスカットされて大損しない為ですね。

ですが、スワップサヤ取りは例外です。
同じ通貨の買いと売りを同じ量だけ行うので、為替差による損が発生しないからです。

3年ほどのスワップサヤ取り経験から、トレンド相場もレンジ相場も対応できて、メンテナンスも楽な範囲で、最大までレバレッジを上げると8倍くらいだと思います。

スワップサヤ取りをまとめて知るには、こちらの記事を併せてご覧ください。

スワップサヤ取り総集編 FXでノーリスクに稼ぐ唯一の方法

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス