スワップサヤ取り8:資金移動とその理由

銀行

以前にスワップサヤ取りのロスカット対策で、「資金移動をしよう!」と話しましたが、今回はその詳細を説明します。

スワップサヤ取り その7:ロスカットのリスクと対策

スワップサヤ取りをまとめて知るには、こちらの記事を併せてご覧ください。

スワップサヤ取り総集編 FXでノーリスクに稼ぐ唯一の方法

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

資金移動とは?

スワップサヤ取りは、買いと売りをFX業者2社に分けてトレードしますが、この2社同士で資金を移動させる必要が出てきます。

例えば相場が下落した時、買いのポジションが含み損を抱えますね?
逆に売りのポジションは含み益を抱えます。

2社の口座状況を平等にしてロスカットから遠い位置をキープする為に、売り口座から資金を買い口座へ資金を移す事を、資金移動と言います。

資金移動1

これが標準的な資金移動なのですが、売り口座から出金する際、どうしても時間がかかります。

更にオススメしたいのは、別の銀行口座などに投資に使っていない余裕資金を置いておいて、ロスカットの気配を感じたらここからクイック入金する事です。

資金移動2

ネットバンクを用意しよう!

慌ただしい相場になってくると、FX口座からの出金が頻繁になってきます。
そんな時に、ネット銀行があると資金移動がスムーズに行えます。

ネット銀行は色々と便利ですが、よりリスクを低減する意味でスワップサヤ取りでも活躍してくれます。

《お知らせ》オススメの仮想通貨取引所「coincheck」さんに登録すると、今なら最大5000円キャッシュバックのキャンペーン中です!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス