トルコ中銀政策金利発表!2016/7/19

トルコ経済ニュース

本日は日本時間20時にトルコ中央銀行より政策金利の発表がありました。

金利はトルコ国内で最も注目される指標ですので、個別に記事にしていきます。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

各金利の変動状況

政策金利は7.5%で据え置き

翌日物借入金利は7.25%で据え置き

翌日物貸出金利(上限金利)を9.00%から8.75%に引き下げ

以上、予想通りの結果となりました。

翌日物貸出金利は5ヶ月連続で徐々に下げている状況です。

経済相の発言に注目

昨日18日、ゼイベクチ経済相はロイターの取材に「中銀は今後も大胆な利下げを継続する」との見方を表明しました。

この発言から一部では更なる利下げも予測されましたが、結果として翌日物貸出金利の0.25%下げで収まった事から、レートは乱高下したものの発表前の水準である35.6円台を推移、ある程度は織り込み済みだったと思われます。

それにしても、クーデター前のレートまではなかなか戻りませんね。
それほど不安が膨らむ事件だったという事でしょうか。

今後の金利

ゼイベクチ経済相の発言や、翌日物貸出金利を徐々に下げている事から、利下げ目線が強まるでしょうか。

これまでの傾向では「数年スパンで徐々に下げ、ある時一気に上がる」ので、これに従うとしばらくは下げる事になります。

前回一気に上がったのは2014年1月の4.50%から10.00%、なんと倍以上まで金利を引き上げたのです。

もちろん、今までと違う動きをする可能性も大いにありますので、今後もトルコ政策金利は重点を置いて調べていきます。

《お知らせ》オススメの仮想通貨取引所「coincheck」さんに登録すると、今なら最大5000円キャッシュバックのキャンペーン中です!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス