今週のトルコリラまとめ 2016/7/30〜8/5

トルコ国旗2

トルコリラに関する今週の出来事を3分で振り返る「今週のトルコリラまとめ」です。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

トルコリラ円レート

始値:34.09円
高値:34.44円
安値:33.22円
終値:33.77円

週の前半はジリ下がりでしたが、後半は下述する米雇用統計の影響もあり持ち直しました。

しかし33.22円まで下がると、史上最安値の32.36円まで間近な感じがしてきますね。。

トルコ指標発表

発表内容 予想 結果 前回
7月消費者物価指数(前月比) 0.60% 1.16% 0.47%
7月消費者物価指数(前年比) 8.16% 8.79% 7.64%
7月消費者物価指数コア指数(前年比) 8.54% 8.70% 8.67%
7月生産者物価指数(前月比) 0.20% 0.21% 0.41%
7月生産者物価指数(前年比) 3.93% 3.96% 3.41%

消費者・生産者共に予想よりインフレ気味に感じているようです。

トルコはインフレ抑制が経済発展のための一つの課題となっているので、悪材料と捉えられるでしょうか。

ニュース

今週は世界経済に関連するニュースもお届けします。

米雇用統計

アメリカの雇用者数・失業率が発表された今週、先月に引き続きポジティブサプライズとなりました。
非農業部門の就業者数は前月より25・5万人増となり、市場予想(約18万人)を大きく上回る結果に。

これを受けてドル高・円安に動き、トルコリラ円も少し持ち直した形となりました。

エルドアン大統領、ロシアのプーチン大統領と会見

8/9に開かれる会見、エルドアン大統領は、「我が友プーチン氏と会った後、我々の関係において新たな1ページが開かれる。」と述べました。

トルコ・ロシア関係の正常化プロセスは、貿易の効率化などが見込まれ経済発展にも大きく繋がる事でしょう。

去年11月にトルコ軍がロシア戦闘機を撃墜した事件で、両国は不仲となっていましたが、ここ最近になって関係を取り戻しています。

先週のまとめはこちらです。

今週のトルコリラまとめ 2016/7/23〜7/29

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス