FXの異業者両建てとは?

投資には様々な手法があります。
テクニカル分析やファンダメンタルズ分析に基づくものが多く知られていますが、これらとは無関係に何をどうやって取引するかを工夫するだけで利益になる手法もあるんですね。

今回はその内の一つ、異業者両建てを説明します。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

両建てとは?

聞いたことのある用語かもしれませんが、両建ては投資初心者がやる事は少ないでしょう。

例えば、1ドル120円の時に売りポジションを持ちます。
その後、1ドル100円まで下落しましたがここで利食いするのではなく、買いポジションを持ちます。

これによって下落しようが上昇しようが、どちらかのポジションが利益、逆は損益となります。
含み益のポジションを持ったまま、相場がどうなろうと得も損もせずに済むのです。

もちろん最初に売りで入った後、相場が上昇すれば含み損になるので、必ず利益が出るという事ではありません。

今回紹介する異業者両建ては、両建てを応用して高確率に利益を上げる手法になります。

異業者両建て

異業者とは?

業者とはFX口座の事です。
両建てでは、同じ口座で買いと売りポジションを持つのが普通ですが、
異業者両建てでは買いと売りを2つの口座に分けます

異業者両建ての目的

FXには売買益の他にスワップポイントがあります。
ポジションを持っているとFX会社があらかじめ決めた金利を毎日受け取れる(もしくは差し引かれる)仕組みです。

例えばトルコリラを買ってると1日100円、売ってるとマイナス100円になりますが、この金額はFX会社によって違うんですね。

そこで狙いは、スワップポイントを買いで多く貰えるFX会社と、売りでマイナスが少ないFX会社で取引します。

例えばトルコリラを買うと1日120円貰えるA社、売ると1日マイナス80円のB社があると、1日40円の利益になるのは分かりますでしょうか。

このスワップポイント差額を受け取る手法が異業者両建てです。

損益になる事はない?

同じ通貨で両方のポジションを同じ量持っていれば、相場がどっちに転ぼうとプラスマイナスゼロです。(スプレッドの分はマイナスになります)

この事から基本的には損になる事は無いのですが、スワップポイント差額の逆転ロスカットなど予想外の展開になると話は別です。

この辺りも含め詳しく書きまとめた記事がありますので、ご参照ください。

スワップサヤ取り総集編 FXでノーリスクに稼ぐ唯一の方法

※両建ての同義語で「サヤ取り」「アービトラージ」があり、こちらの記事では「スワップサヤ取り」という呼び方をしてます。

異業者両建てで使用する通貨とFX口座

南アフリカランドトルコリラがスワップポイント差額の大きい通貨です。

異業者両建てを始める時点で、利益が出そうな方を選ぶと良いでしょう。

こちらの記事で両方の通貨で、どの口座を使うとどれくらい利益が出るのかまとめてます。

南アフリカランド スワップサヤ取りで必ず使うべきFX口座《最新版》

トルコリラのスワップサヤ取りに最適なFX口座《最新版》

《お知らせ》オススメの仮想通貨取引所「coincheck」さんに登録すると、今なら最大5000円キャッシュバックのキャンペーン中です!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス