仮想通貨投資 用語集

このページは仮想通貨を取引するにあたって最低限知っておくべき用語を集めたものです。

目次から知りたい用語にジャンプします。
目次に戻りたい時は「トップへ」ボタンを使います。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

数字・ローマ字

51%攻撃

採掘速度の過半数以上を支配する事で、ビットコインの不正取引を狙うブラックハッカーの攻撃手段。
実際に支配する事は多大なノードを所持する為、莫大な費用がかかる事から可能性は低いが、これがビットコインの数少ないセキュリティリスクとして挙げられる。

BTC

ビットコインの略。「0.1BTC」のように単位としても使われる。

nakamoto satoshi(中本 哲史)

ビットコインの技術論文をweb公開した人物。日系アメリカ人と言われている。
事実上ビットコインの発案者だが、人物特定されておらず謎に包まれている。
ビットコインの最小単位である 0.00000001BTC = 1satoshi として単位としても使われる。

fintech

financial technologyの略。
金融サービスとIT技術を融合する事で、利便性の劇的な向上が見込まれる。
仮想通貨もfintechの内の一つ。

IoT

Internet of Thingsの略。
「モノのインターネット」と言われ、物がインターネットと繋がりデータ通信する。

JBA

一般社団法人日本ブロックチェーン協会:Japan Blockchain Association の略。
ビットコインなどの研究、ガイダンス作成、政府機関や関連団体と連携している団体。

XBT

BTCと同じくビットコインの単位として使われる。
1XBT = 1BTC

あ行

アルトコイン

Alternative Coinの略。ビットコイン以外の仮想通貨の事。

暗号通貨

データで作られた通貨。中身を見ても乱立したコードとなっており内容が把握できない。
日本では最初にニュースで取り上げられた時に同義語の「仮想通貨」が使用された事から、こちらが一般的に認知されている。

ウォレット

実物通貨で言う財布で、仮想通貨を保存する。方法は5種類ある。
デスクトップウォレット:パソコンに保存
モバイルウォレット:スマホに保存
WEBウォレット:インターネット上のサーバに保存
ペーパーウォレット:紙に印刷して保存
ハードウェアウォレット:専用の端末に保存

か行

仮想通貨

データで作られた通貨。定義は以下のようになっている。

ヨーロッパ中央銀行は2012年に仮想通貨を「未制御だが、特殊なバーチャルコミュニティで受け入れられた電子マネー」と定義付けた。米国財務省金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は2013年に仮想通貨を「本物のお金」の対義語と位置づけ、どの司法組織においても法定通貨としての価値を持たないものとして、ガイダンスを発表した。さらに2014年、欧州銀行監督局は仮想通貨を「デジタルな価値の表現で、中央銀行や公権力に発行されたもの(不換紙幣を含む)でないものの、一般の人にも電子的な取引に使えるものとして受け入れられたもの」と定義付けた。

引用元:wikipedia

クラウドファンディング

不特定多数の出資者から資金を募り、プロジェクトを実行して成功すれば見返りが出資者に戻る仕組み。(を生業とする業者の事も指す)
仮想通貨投資でも業者は多数存在する。

さ行

採掘(マイニング)

ビットコインをネットワーク上で送る時に、コンピュータ計算処理で台帳を作る事。
同時に多数のコンピュータ(ノード)が計算し、最初に答えが解けた採掘者へ報酬が入るため、ハイスペックなコンピュータが要求される。

採掘者(マイナー)

採掘を行う人。
強力なスペックのサーバで計算処理をする人から、自宅のパソコンで行う人もいる。

採掘報酬(マイニングフィー)

採掘者(マイナー)に支払われる手数料の事。
この収入を目的に採掘者は絶える事がないと言われている。

採掘集団(マイニングプール)

複数人で出資して高性能なコンピュータを揃え、採掘報酬を山分けするマイナー集団の事。

スプレッド

仮想通貨取引所における売買価格差。
例えば1BTCあたり買いで10,100円、売りで10,000円だとすると、スプレッドは100円で取引所への手数料になる。

た行

取引所

ビットコインの売買サービスができる場所(を提供する業者)。
投資家視点だと証券会社と同じ。

な行

ノード

仮想通貨の採掘に参加しているコンピュータの事。

は行

ビットコイン

仮想通貨の一種で現在最も取引されている。
ブロックチェーンの技術を用いてセキュリティが高く、盗難やデータ改ざんの可能性が少ない。
さらに用途が実物の通貨よりも利便性があり、非常に注目を集めている。

ブロックチェーン

仮想通貨の中枢となる技術の一つ。
ビットコインなどを取引する際、ネットワーク上で保存されるデータの事。
過去のデータを記憶し、新しい取引に矛盾がない事を確認するためにも使用される。

ま行

や行

ら行

レバレッジ

株式で言う信用取引。
出資した金額以上の仮想通貨を取引できる。
取引所によって最大何倍か決まっている。

例えば1万円=1BTCだとして、レバレッジ10倍にすると1万円で10BTCを売買できる。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス