ビットコインを日本円に換金する方法と手順

ビットコインで買い物できるネットショップも増えてきていますが、生活していく上ではまだまだ日本円の方が使い勝手が良いです。

ビットコインを「賞金としてもらった」「知人がプレゼントしてくれた」といった理由で、投資はしないけど手元にある場合、日本円に換金したいですよね。

そんな方に向けて、手元のビットコインを日本円に換金する方法と、わかりやすいように手順を書きます。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

ビットコインを日本円に換金するには?

一般的で手っ取り早いのは、取引所や販売所を経由して換金する方法です。

・まずは手元のビットコインを取引所へ送金。
・取引所や販売所でビットコインを売り、日本円に交換。
・日本円を自分の銀行口座に振り込み。

取引所とは文字どおり、仮想通貨と法定通貨(日本円や米ドルなど)を取引を仲介する業者で、取引する際の手数料で利益を得ています。

販売所は取引所と一体型になっている所が多く、取引所に登録すれば付随している場合が多いです。
ビットコインを販売したい人と購入したい人をマッチングする場所となり、こちらも同様に手数料がかかります。

ビットコインを日本円に換金する手順

取引所に登録する

悪意がある業者もいるので、「どこでもいいや」はやめて信頼できる取引所を使いましょう。
どこの取引所にしようか迷ったら、こちらの記事に書いてる会社を推奨します。

ビットコイン国内取引所 管理人が使ってるオススメ業者

どこの取引所も登録作業はだいたい数分で出来る簡単さです。

例えば、国内最大手取引所のbitFlyerに登録する流れは以下のとおりです。

・メールアドレスを登録し、パスワードが送信されるのでそれを使用してログインする
・本人確認資料を登録する(免許証、パスポートなどの画像ファイル送信)
・銀行口座情報を登録する
・登録情報が承認されるまで待つ

ウォレットから取引所へビットコインを送金する

まず、手元にビットコインがあるという事は「ウォレット」を持っている事になります。

・モバイルウォレット→スマホアプリに保管するタイプ
・デスクトップウォレット→PCに保管するタイプ
・WEBウォレット→インターネット上のサーバに保存するタイプ

・ハードウェアウォレット→ビットコイン保管専用の端末
・ペーパーウォレット→紙にQRコードなどを印刷して保管するタイプ

ウォレットの「送金機能」でお手元のビットコインを送ろうとすると、送信先の「ビットコインアドレス」もしくは「QRコード」を認識する必要が出てきます。
先ほど登録した取引所に、あなた独自のビットコインアドレスとQRコードが生成されているのでこれを使います。

bitFlyerの場合、ログインしてから「入出金」→「BTCお預入」で確認できます。

ビットコインを日本円に換金

取引所もしくは販売所で、ビットコインを売り日本円にします。

手数料とレートどちらも殆ど差はありませんので、どちらを選んでも大丈夫です。
以下は取引所で売る場合の画像例です。

売りたいビットコイン数量を入力すると、価格と手数料が自動的に表示されるので、問題なければ「コインを売る」をクリックし、日本円への換金が完了します。

日本円を銀行振り込み

ログインしてから「入出金」→「日本円ご出金」でいかの画面になります。
口座情報は既に登録済みのはずですが、別の口座に出金したい場合は「銀行口座情報を追加する」を押下します。
「ご出金額」を入力して「日本円を出金する(取り消し不可)」を押下すると振り込みされます。
出金にも少額の手数料がかかるのはご承知おきください。

以上で手元のビットコインを日本円に換金が完了します。
お疲れ様でした。

《お知らせ》オススメの仮想通貨取引所「coincheck」さんに登録すると、今なら最大5000円キャッシュバックのキャンペーン中です!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス