スワップサヤ取り9:ポジション作成時の注意点

インターフェース

今回はスワップサヤ取りの「ポジション作成時の注意点」です。

伝えたい事はシンプルなのですが、大事な事なので1つの記事にしてみました!

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

ポジション作成時の注意点は?

スワップサヤ取りは為替差益を狙わないと言っても、ポジション作成時に買いと売りのタイミングによって為替差が発生する事もあります。

①買いと売りを同じタイミングでポジションする

この場合、スプレッドによって両方のポジションが少しマイナスの状態からスタートします。

②買いと売りのポジション作成タイミングをずらす

例えば買いポジションを先に持ち、ある程度チャートが上昇したら売りポジションを作成します。

上手くいけばスプレッドのマイナスを埋めるか、プラスの状態からスタートできます。

①と②どっちにすべき?

わたしは①の同じタイミングを推奨しています

もし短期トレードに自信がある方であれば②でもいいかもしれませんが、数時間も買いと売りポジションの作成タイミングをずらすのは避けるべきです。

スワップサヤ取りは特性上、大きめなレバレッジで取引するので、失敗すれば大きくマイナスからスタートするかもしれません。

更に、スワップサヤ取りをする人は長期取引で堅実に利益を上げたい人だと思うので、目的から逸れてしまう事になります。

スワップサヤ取りに向いている通貨はスプレッド幅が広い傾向にありる為、それを埋めたいという心理になりがちですが、ポジション作成時点で取り返しのつかないマイナスからスタートしてしまっては本末転倒ですので、注意しましょう。

スワップサヤ取りをまとめて知るには、こちらの記事を併せてご覧ください。

スワップサヤ取り総集編 FXでノーリスクに稼ぐ唯一の方法

《お知らせ》オススメの仮想通貨取引所「coincheck」さんに登録すると、今なら最大5000円キャッシュバックのキャンペーン中です!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス