ビットコインがBTCとBTUに分裂する?経緯のまとめ

最近まで調子良く上昇してたビットコインですが、「ビットコインがbticoin core(BTC)bitcoin unlimited(BTU)になる可能性」が悪材料となって足止めくらってる感じですね。

状況を理解してない人のために、成り行きを説明しておきます。

※ビットコイン団体のミーティング内容は非公開なので、公開されている情報から私が調べた内容となる事をご理解ください。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

ビットコイン処理遅延問題

ビットコインは処理が遅すぎる問題が以前から取り上げられており、実際に送金すると1日以上経って相手に届く事もあるくらいです。

単純に処理するノード(コンピュータ)を増やすのにも限界があり、取引が多くなった現在では常に遅延状態であるというビットコイン最大の課題です。

取引所での購入では遅さを感じないと思いますが、個人のモバイルウォレット同士で手数料を低くして送金すると、実感できる可能性が高いです。

Segwit導入には賛否がある

遅延問題の解決策として、ビットコイン開発側はSegwitという技術で処理速度を2倍にできると言ってるのですが、その代わりにインターネット回線に流れるトラフィック(データ量)は上昇します。

これに反論するのが採掘者(マイナー)です。

マイナーとは、ビットコインの計算処理をするノードの持ち主で、送金などの取引には欠かせない存在となっています。
個人より団体が多数を占めており、計算処理による報酬としてビットコインを受け取り、事業として成り立っています。

トップクラスのマイナー団体(マイニングプール)は何百台という膨大なハードウェアを稼働している事から電気消費量が多いので、中国の農村部など電気代が安い地域で活動しています。
つまり、インターネット回線が整備されていない地域なので、Segwitにより計算処理のデータ量が増えると回線増設の出費も増える事になるのです。

他の理由もマイナー側の利益に直結する事で、ビジネスとしてSegwitを許容できないのです。

bitcoin coreとbitcoin unlimited

前途の通り、開発者側がSegwit導入による互換性のあるアップデートを試みています。

これに反対するマイナー側は別の方法で解決する方法を提案していますが、ハードフォーク(互換性がないアップデート)となりSegwitとはかけ離れた仕組みです。
更に設計の甘さやシステムの脆弱性を指摘され、あまり上手く開発されていない状況でもあり、開発側は受け入れられない

開発者側が推奨しているbitcoin core

マイナー側が推奨しているbitcoin unlimited

これまでの成り行きで二つの用語ができました。

尚、マイナー側とは全てでなく、大半のマイナーと理解してもらえればと思います。
bitcoin core推奨のマイナーも存在しますが、トップマイニングプールの「Antpool」がbitcoin unlimitedの推進元です。

主要取引所の声明

つい先日、世界中のビットコイン取引所19社が合同声明を発表しました。
(日本の有名取引所であるcoin check、Zaif、bitbankも含まれています。)

その内容はざっくり以下のとおりです。

「bitcoin coreを正式なビットコインと認める」
「互換性があり継続性があるものがビットコイン」
「本流のビットコインに迷惑をかけるなら、bitcoin unlimitedを取引所で扱わない」

取引所で扱われないとレートは上がりません。
この声明は開発者側に味方するようにも見えますが、どちらかと言うと現在のビットコイン投資に混乱を招かない目的と受けとってます。

終わりに

2017年3月20日時点、ビットコイン分裂と騒がれている経緯は以上です。

いち早く課題を解決して、ビットコインが法定通貨と同じくらい当たり前に使用されるようになると嬉しいですね。

こちらの記事も併せて参照ください。

ビットコインがハードフォークして分裂する前に対策すべき事

※3/28追記 関連記事を追加しました。

ビットコイン分裂回避への道、UASFとは?

※8月1日のハードフォーク懸念について

ビットコイン 8月1日へ向けた知識と対策まとめ

《お知らせ》オススメの仮想通貨取引所「coincheck」さんに登録すると、今なら最大5000円キャッシュバックのキャンペーン中です!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス