「仮想通貨バブル崩壊で暴落する」って、本当にそうなの?

経験豊富なプロの投資家であれ、別の仕事を持つパートタイムの投資家であれ、数か月のうちに400%も時価総額が上昇した資産を見れば、ものすごいバブルだと考えるのが普通だろう。歴史を振り返ってもそれは明らかで、これだけ急激に価格が上昇していれば、ほぼ確実にそのうち値崩れする。結局のところ市場はそこまで合理的ではないのだ。

出典:TechCrunch Japan

今の仮想通貨市場は、他に類を見ないほど高騰してます。

至る所で「仮想通貨バブル」という言葉が使われていますが、私としては「???」なんですよね。

今の「仮想通貨時価総額 1000億ドル」ってゆうのは当たり前どころか、まだまだ成熟期であると考えてます。

ってゆう話を今回記事にしてみました。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

バブルとは?

バブル

あぶくに似て実質の無い(、過熱の)情況。 「―(経済)がはじける」

日本の一九八〇年代後半、好景気に浮かれた地価高・株高の予想が実際に高騰を招いた現象の評語として、言いだされた。 bubble (=泡)

出典:Google辞書

バブルの定義がなかなか難しいですが、この記事では現在の仮想通貨市場が

実質が無い

過熱

に当てはまるのかを考えていきます。

仮想通貨は「実質が無い」のか

まぁデータの通貨なので、実質は無いですよねぇ。。
っじゃなくて、価値があるのかって話です。

例えば株を買う人には目的があります。

・配当金がもらえる
・経営に参加できる

じゃあ、仮想通貨の目的はというと、今のところ実需はほとんどありません
あるネットショップではビットコイン決済が使えるのですが、月に何万件も売り上げる中でビットコイン決済は5件とかそんなもんです。

現状は「先行投資」が行われていて、将来的にはFIAT(日本円などの法定通貨)と同じくらい、上手くいけばそれ以上の時価になるという期待が先行しています。

なぜそこまで規模が拡大するのか、詳しくはこちらの記事を併せて参照ください。

ビットコインがなぜ流行る?注目されている4つの理由

仮想通貨は「過熱」しているのか

数ヶ月で時価総額が400%の上昇。
普通に考えたら過熱でしょうし、私もこのまま右肩上りではなく、過渡期は様々な問題と直面すると思います。

ですが今の時価総額1000億ドルは、まだ通過点としか思えません。

これはインターネット調べなので正確とは言えないかもしれませんが、

・世界中の全資産は約1700兆ドル
・世界中の法定通貨は約100兆ドル

だそうです。

FIAT 対 仮想通貨の価値は1000 対 1のようです。

この数字をどう捉えるかは人によりますが「過熱」には程遠く、むしろまだポテンシャルがあると私は思います。

過去のバブル

過去の有名なバブルと比べて、今の仮想通貨とどう違うのか見ていきましょう。

オランダのチューリップバブル

1610年代、チューリップの球根はなかなか入手しにくく、愛好家たちの間で高値がついていました。チューリップそのものには興味のない投機家たちが1637年に現れ、球根1個に家が交換されるようになりました。やがて、そういった話が一般の農家や職人にも伝わるようになりました。元手がないこの人たちは、入手しやすい球根から転売を始め、利益を上げていきました。これが先物取引制度の始まりでもありました。しかし、あまりに高くなりすぎると普通の人は買えなくなるものです。チューリップ愛好家の人たちも手が出せなくなってしまいました。

出典:バブル崩壊RHAPSODY

チューリップで家を買える。。笑

現代では考えられ無い話ですが、これはまさに「過熱」です。
チューリップの球根は半無限なので、有限だと思われていたら需要と供給は崩れますよね。

日本の平成バブル

1987年〜1990年頃がピークでしたが、日本では「株と土地の価値は下がらない」という神話が出来上がってました。

日経平均20,000円と騒がれている昨今ですが、当時は39,000円まで上昇。
土地の価格は、何と東京23区=全米にまで上昇。

これを止めるため政府は、不動産融資の規制や土地への税金増加。

からのバブル崩壊です。

結果、借金がある会社・家庭が増えたり、個人消費が落ち込むなど日本は不景気時代に突入しました。

というのが日本のバブルです。

仮想通貨も日本円に偏って取引が行き過ぎると為替(貿易)に影響が出るので、政府も対処するでしょう。
(実際に中国は仮想通貨の取引規制が入る事もしばしば)

仮想通貨の今後は、政府の対応も重要になってきます。

終わりに

仮想通貨市場はまだまだ盛り上がっていくでしょうが、前途の通り右肩上がりではないでしょう。

様々な問題と直面し、半値下げる事だって全然ありえます。

投資家だったらその時どうするか。。

今のうちに考えておくと良いかもしれません。

《お知らせ》オススメの仮想通貨取引所「coincheck」さんに登録すると、今なら最大5000円キャッシュバックのキャンペーン中です!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス