ビットコインATM台数が急増、一般層にも身近になるか

2017年4月から5月にかけて、ビットコインATMの設置数が倍増して世界では1000台を超えたようですね。

bitcoin.com ー 5月にほぼ2倍になった世界的なBitcoin ATMの普及

今のところ殆どの人が「ビットコインATMなんて見た事ないけどなぁ」という感想だと思います。

それもその筈、2017年6月時点で日本には約20台しか設置されていません。

アメリカとカナダの設置数が世界の約90%を占めており、日本は1〜2%程度の「ビットコインATM弱小国」なのです。泣

ただ、私見では東京オリンピックに向けて外国人に人気な「仮想通貨サービス」を充実させ、ビットコインATMも増設させていくのでは?と思っています。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

ビットコインATMでできる事

引用:日刊SPA

画像はRobocoinという機種名です。
ちょっとカッコイイぞ・・

で、このRobocoinを使用する目的は

・FIATからビットコインへの換金(もしくはその逆)
・店頭でのビットコイン決済(ウォレットから送金)

がメインです。(FIATとは法定通貨、例えば日本円の事です)

「oh my god!! この店はビットコイン使えないじゃねーか!FIAT持ってないし!」
ってゆう時に
「近くにビットコインATMアルヨ」
で外人さんもニッコリって訳です。

ただし「インターネットで取引所にアクセスしてビットコイン購入→自分のウォレットに送金」ってゆう手順が主流ですかね。

個人的にビットコインATMの最たる存在価値は「広告塔」ですね。

例えば大手ショッピングモールやスーパーマーケットにRobocoin君が鎮座していたら、ビットコインを知る人が増えますし、悪い印象は持たない事でしょう。

日本でビットコインATMが設置してある店舗

日本では約20台(2017年6月時点)のビットコインATMが存在していて、半数が都心で外国人が訪れる六本木や西麻布に集中しています。

中野ブロードウェイ 1Fにある「CoinTrader」では、店頭相談窓口カウンターを設けていて詳細を聞けるとの事で、興味があれば赴いてみてはいかがでしょう。

中野ブロードウェイと言えば、第二の秋葉原と呼ばれるくらいマニアックな世界なので、きっと熱心に勉強されているのかと予想します。
(実際のところ、ブロードウェイ3Fや4Fのコアな空気は、他では味わえないですよ)

CoinTrader オフィシャルサイト

終わりに

個人的にはビットコインATMって、日本でこそ需要があるんじゃないかと思っています。

・外国人観光客がそこそこ多い
・ビットコイナーもそこそこ多い
(日本では2017年6月時点で約100万人が仮想通貨取引の経験者だそうです)
治安が良い

海外ではドリンクの自動販売機がすぐ壊されてしまうってゆう話は有名だと思います。
(日本以外の全てではないと思いますが・・・)
もし、その辺の道路沿いに設置する事になっても、壊される危険性が少ないのは導入メリットになりますね。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス