仮想通貨・ビットコインで稼ぐ方法 12選


「仮想通貨で稼いだ」

こんな話題をよく聞くようになりました。

私自身も仮想通貨への投資を始めてから、怖くなるくらいのペースで資産が増えています。

投資と言えば大体が「日本円を投じる」事になりますが、実は他にも仮想通貨の稼ぎ方は沢山あります。

インターネットに稼ぎ方をまとめた情報が無かったので、仮想通貨投資の初心者向けにブログ記事にしてみます。

初心者にもおススメできる稼ぎ方は、見出しに★マークを付けてみました。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

トレードで稼ぐ

投資の基本「トレード」です。

長期or短期、買いor売りなど細かい選択肢はたくさんありますが、大きくは以下に分類できます。

デイトレード

保有期間が1日以内の短期で稼ぐトレードです。

最も利益を望めますが、機関投資家や専業トレーダーが参入しているレベルが高い領域なので初心者の内は避けるべきです。

取引手数料が何度も発生するので、ビットコインがマイナス手数料(つまり手数料を貰える)な取引所「Zaif」を使用しましょう。

Zaif公式

★スイングトレード

数日~数か月保有するトレードです。

デイトレードとポジショントレードの中間で利益の理論値も高く、時間もあまり取られないのでおススメします。

投資を始めたばかりの頃は、ポジポジ病といって根拠が無いトレードをしたくなりがちでなので、焦らずじっくり待つ事を覚るにも良いですね。

★ポジショントレード

年単位を見越したトレードで、「ガチホールド」「気絶」という用語を目にしたらコレに該当します。

将来的に値上がりが期待されている仮想通貨は、ポジショントレーダーが多い印象ですね。
投資にかける時間が少なく、精神衛生的に良いのが個人的には最大のメリットです。

ちなみに、仮想通貨の税金について法整備がされていない事もあり、株やFX並に税制が有利になるまで利確したくないという理由でやむなくポジショントレーダーになってる人もいます。

★アービトラージ

最も低リスクと言われている投資法です。

取引所によって発生する価格差を利用し、利ザヤを受け取るといった転売ビジネスにも似たやり方で、三大利殖法とも言われるほどリスクリターン比が良いです。

詳しい解説はこちらも併せてご覧ください。

ビットコインアービトラージとは?仮想通貨のサヤ取り戦略

※アービトラージファンドを謳った詐欺の事例が報告されています。アービトラージは自身で行い、ファンドに資金を預ける場合は充分に調べてください。

ICO

株式で言う新規公開株(IPO)です。

新しく事業を起こす為にICOで資金調達し、投資家に見返りとしてトークン(権利)を渡します。

事業が軌道に乗ればトークンの価値は上がり、前例としてはイーサリアムなんかが数百倍になってますね。

ホワイトペーパー(論文/白書)でどんなプロジェクトの為に資金調達するのか公表して、投資家はその内容を見て出資するか決めます。
既にコンテストで受賞してるプロジェクトだったりすると、注目のICOとして数百億円もの資金が集まります。

ICOは当たればガッツリ稼げる夢のような投資なのですが、結構ギャンブル性が高いんですよね。。

今までに以下のような問題があったので、ICOに参加する際は充分注意してください。

・ICOの資金調達が終わった後、開発が進まずトークンが無価値に。
・ICO開始の瞬間にブロックチェーンネットワークが混雑し、送金遅延などのトラブルが多発。
・単純にICO参加方法が高難度な案件も。

金利で稼ぐ

仮想通貨が出始めた当初は「投資対象として重要なインカムゲインが無い」と言われてきました。

しかし現在では「レバレッジをかけて運用したい」「空売りしたい」というマージントレーダーに仮想通貨を貸し出して、代わりに手数料を貰うというビジネスが成立しています。

もちろん貸し出す為の仮想通貨が必要なので、前途のポジショントレード中である事が前提条件です。

また、低い確率ではありますが「貸し倒れ」と言って借り手が返却できずに損失するリスクがある事も考慮すべきです。

★貸仮想通貨サービス

WEBウォレットに眠っている仮想通貨があるのなら、ぜひ使うべきサービスです。
coincheckの貸仮想通貨は、ビットコイン以外にもイーサリアム・リップル・ネム等のオルトコインにも対応していて、最大年利5%が受け取れます。

coincheckが借り手となる契約関係なので、貸し倒れはcoincheckの取引所破綻などによって起こり得ますが、個人相手よりは低リスクと言えます。

詳しくはこちらも併せてご覧ください。

coincheckの貸仮想通貨はアルトコイン対応!リスクはあるのか?

ソーシャルレンディング

海外取引所のpoloniexで実施できる個人間の仮想通貨レンディングです。

ビットコイン以外にもいくつかのオルトコインに対応していますが、記事執筆時点ではビットコイン以外はほとんど金利が0に等しいので、ビットコイン専用と考えた方が良いでしょう。

契約上は貸し倒れの可能性有りとされていますが、2017年6月時点で一度も発生した事は無いらしいです。
(公式の情報じゃなく、ネットで見かけた情報ですよ。)

当ブログでは海外取引所の利用を勧めていませんので、ここまでの説明に留めておきます。

マイニングで稼ぐ

マイニングとは、コンピュータで仮想通貨の取引処理をする事で報酬を受け取れる仕組みです。

トレードと比べて参入障壁が高く、あまり初心者にお勧めは出来ません。
しかし、ソロマイニングなんかは極めれば事業として成り立つくらい利益を得られるので、興味があったら調べてみてください。

ビットコイン採掘(マイニング)の仕組みと方法を分かりやすく解説

ここでは概要を記載しておきます。

ソロマイニング

自身でノードと呼ばれるコンピュータを用意します。
機材調達コストの他にも電気代や機材冷却方法など、気に掛ける事が多くこの記事で紹介した稼ぎ方の中で難易度が一番高いと思います。

ちなみに私はMoneroというコインをノートPCでマイニングしてましたが電気代で赤字になったので辞めました。。。

殆どの仮想通貨は「ハッシュレート」と言ってコンピュータ性能が高くないと報酬があまり貰えないので、マイニング用の機材を組み立てて運用する知識が必要です。

プールマイニング

マイニングを事業としているチームに出資して、ハッシュパワーを分けてもらう方法です。
ソロマイニングと比べて利益率は悪くなりがちですが、機材を持たなくて良いメリットがあります。

※マイニングプールを装った詐欺の事例が報告されています。出資する際は充分に注意して調べてください。

番外編

独自トークン

仮想通貨は何千種類もあり、これからも増え続けるでしょう。

何故なら、仮想通貨(独自トークン)って超簡単に作れるからです。
(「仮想通貨 作り方」とかでググれば出てきます)

で、本題の稼ぎ方は前途したICOをやる側になるという事です。

(これについては全くの未経験なので詳しく語れません、、すみません。)

自分でプロジェクトを起こしたい時に、ICOという形で資金調達するという流れはこれから発展していきそうな気がしてます。

★電気代キャッシュバック

電気代をcoincheckでんきで支払えば一部をビットコインでキャッシュバックしてくれるサービスです。

電力自由化により会社を決め兼ねていて、更にビットコインも欲しいならば、使うに越したことは無いでしょう。

「coincheckでんき」で節約!お得にビットコインを貯める方法

★買い物でキャッシュバック

bitFlyerを経由して買い物をすると、ビットコインでキャッシュバックを受け取れるサービスがあります。

結構たくさんのサービスが登録されていて、ZOZOTOWNなどネットショップもあれば、ネット経由のサービス申込(クレジットカード発行・旅行予約などなど)もあります。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最後に「詐欺案件にはご注意を!」

「仮想通貨 稼ぐ 方法」のようなキーワードで検索してここにたどり着いた方が多いと思います。

このキーワードの検索結果には「詐欺案件へ誘導するサイト」が結構ありますのでご注意を。

投稿時点で1位に表示されてるサイトは詐欺コインを紹介しまくってて、正直ドン引きしました。運営者の住所を調べたらバーチャルオフィス使ってるし。。
紹介するだけなら罪は無いと思ったら大間違いですからね。

これから仮想通貨に投資する方は、とにかく沢山調べてください。
相手から持ちかけられた話は疑ってください。

せっかくブログで声掛けが出来るので、仮想通貨業界を健全に出来るよう努めていきます。

《お知らせ》オススメの仮想通貨取引所「coincheck」さんに登録すると、今なら最大5000円キャッシュバックのキャンペーン中です!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス