FX初心者講座6:証券会社がしてくれる4つの業務

ビジネスマン

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

証券会社とは?

証券会社は、個人や法人が契約をして投資に必要な業務を行ってくれる企業です。

FXと言うより、金融業界全般の知識になるので覚えておくと他の投資でも役立ちます。

証券会社の業務内容は、主に以下の4つです。

1、ブローカー業務

投資家と証券取引所の仲介をしています。

投資家がお金を証券会社に預け、そのお金にレバレッジをかけた金額で証券会社と証券取引所でトレードしてくれます。

この業務に手数料として、投資家がスプレッドを支払う形になります。

2、ディーリング業務

証券会社が自社の資金を使って投資しています。

基本的には会社の利益を上げる目的で行ってますが、自社で通貨を多く保有する目的もあります。

これによって、投資家が取引した時に証券会社が保有する通貨と交換する事で、すぐに投資家はエントリーする事ができています。

3、アンダーライティング業務

証券会社が取引を引き受ける業務です。

発行者から証券会社が投資対象を買い取り、それを第三者へ売ってくれます。

売れなかった時に証券会社は損を受ける事になります。

株式取引などで大きな役割がありますが、FXでは通貨が売れないケースはほとんどないのであまり意識する必要がありません。

4、セリング業務

投資家に対して取引をしてもらう為に営業・販売をする業務です。

アンダーライティング業務との違いは、セリングは投資対象を買い取らず、委託される形になるので売れなくても証券会社が損をしません。

FX会社はどうやって利益をあげてるの?

1つ目が、上で挙げた「1、ブローカー業務」によるスプレッドです。

2つ目が、スワップポイントの手数料です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

3:毎日が嬉しい、スワップポイントとは?

よく勘違いされてる方を見かけますが、投資家が損をした分、FX会社が利益を上げている訳ではないのです。

とは言ったものの、以下にご注意ください。

FX会社にも悪徳企業はごく一部存在した

しばしばニュースで「◯◯証券会社が横領」などと報道されています。

やり口はさまざまでよく聞くのが、

・為替レートの不正操作

※実際に市場を操作してるのでなく、自社で発表しているレートを操作

・スリッページの詐称

※スリッページとは、エントリーした瞬間に価格が上下して希望した金額とは異なってしまう事です。

現在は法整備によってこのような事もなくなってきました。

ですが、大事な資金を預ける会社なのでFX会社は信頼できるところを選びましょう。

※当サイトでは、バックグラウンドや実績を踏まえて、信頼できる会社のみを選別して紹介してます。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス