FX初心者講座13:情報商材に気をつけよう

ビジネス3

今回の記事は、ある意味一部の人を敵に回してしまうかもしれません。

しかし、FX投資家のより良い環境作りに貢献できればと思い、あえて記事にさせて頂きます。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

気をつけたいFXの情報商材

近代は書籍やインターネット上などに、とても多くの情報が存在していますね。

FXの情報選びについて、右も左も分からない状態だとどうしたらいいか分からないと思います。

FXで利益を上げられなくて悩んでいる方はたくさんいます。

そんな人の為に、「こうすれば改善できる」「この方法は利益が出せる」といった知識となる情報を、商材として扱っている人たちがいます。

情報商材に頼ったからといって勝てる訳ではない

もちろん、とても良質な情報を提供してる方もたくさんいます。

一方、FX初心者〜中級者の悩みを自分の商売道具とする方も、残念ながら存在します。

2ヶ月後には月利50%稼げる!」だとか「絶対に勝てる!簡単に金儲け!

というようなキーワードは、まず疑うべきでしょう。

そしてこういった物に限って、

「数ヶ月後には取り戻せるので、小さな初期投資」

と、法外な値段を提示してきます。

そしてこの商材は半年〜1年もすれば無くなっています。

いわゆる「売り逃げ」と言って、また別人を装って違う商材を売るのでしょうね。

良質商材の基準

そんな中で良質な情報商材を探す方は、以下の点を注視しましょう。

・本当にその商材の効果を自分が求めているか

・商材内容に矛盾がないか、理にかなっているか

(例えば、勝率90%!と言っても、勝ちで1万円、負けたら10万円の手法では結果的に負け)

・会得するまでの時間と、実行後のメリットを比較

・会得してから実行できるのか(時間、環境、資金などの問題)

・キャッチコピーが以下のよう売り文句でないか

(絶対、儲かる、勝率50%以上、異常に高い利益額や利益率、初公開)

・商材に多くの実績と長い継続期間があるか

まとめ

情報はとても重要なものです。

目標を達成したい気持ちは、藁にもすがるような思いで情報を求めるのは当然と言えるでしょう。

ですが、人に頼って一時的に稼げたとしても、すぐにその情報は使い物にならなくなると断言します。

だからこそ、自分の力で辿り着くべきです。

FXの正しい基礎知識を身に付け、自分に合ったベストな方法を見つけるのが成功の最善方法だとわたしは考えます。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス