為替とFXって何が違うの?

リサイクル

多くの人が為替とFXは同義だと考えていると思います。

その認識は間違ってはいませんが、正確には違うんです。

今回は為替とFXはどう違うのか、わかりやすく説明していきます。

正しい認識を持ち、書籍やネットなどで見る言葉ががスンナリ入ってくる事を目的にして、理解していきましょう。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

為替とは

FXや外貨預金の事を為替と一般的に言われています。

ですが、為替の正しい解釈は

直接現金を渡さず、媒介を通したり物で交換して、現金を受け渡す

ことを言います。

内国為替

例えば、ネットショッピングをした時に銀行振込で送金して、しばらくしたら買った物が届きますよね?

これも為替になります。

他にも債権など日本国内の物や通貨でやり取りし、直接現金の受け渡しが無い場合も為替になります。

これら日本国内の場合は「内国為替」に当たります。

外国為替

内国為替以外に、「外国為替」があり、FXはこれに該当します。

FXの正式名称は「外国為替証拠金取引」です。

外国為替は国間の通貨を交換する事を指します。

例えば、海外へ旅行した時に日本円を持っていても支払いが出来ないので、現地で利用出来る通貨に交換する行為。

これも外国為替となります。

為替の歴史は古い

語源は「交わす」から来ています。(割とそのまんま)

為替という言葉自体は、鎌倉時代から使われているとされてます。

特に江戸時代からは、世界で見ても最高峰の為替システムが江戸と大阪間で行われており、両替商を介して物と資金をやりとりしていました。

そう考えると、外貨を市場や証券会社を介している行うFXは、そのまま発展した形になりますね。

まとめ

為替は広い意味で使われ、FXは外国為替の一部である事が分かったと思います。

友達や同僚から「わたし、為替やってるんだ」と言われたら、FXや外貨預金以外も為替である事を教えてあげましょう。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス