FX投資スタイルを知る!スキャルピングとは?

ビジネスマン

FXの投資スタイルは十人十色です。

投資に使える時間や資金、目的など自分に合った投資スタイルを身につけていきましょう。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

スキャルピングとは

スキャルピングは、エントリーから決済まで「数秒〜10分」程度で完了する超短期トレードです。

スキャルピングの語源

スキャルピングという言葉は、敵の頭の皮をはぐという意味で利用されていた「スカルプ」が語源となっています。

短時間で売買を繰り返して、少しずつ利益を狙っていく事から「スキャルピング」と呼ばれるようになりました。

スキャルピングの特徴

細かい時間軸での値動きを対象とするので、理論上は一番利益が上げられる投資スタイルと言えます。

ですが、逆に一番損をする可能性もあります。

また、長い時間軸より短い時間軸での値動きを読む方が、難易度が上がります。

この事から、初心者よりも上級者に向いている投資スタイルと言えます。

また、10分以内に取引を完了する必要がある事から、基本的に成行注文でエントリーと決済をする事になります。

※注文方法についての詳細はこちらの記事を参照ください。
10:必ず覚えたい6つの注文方法

その為、ポジションを持っている間は値動きに気を配っておかなければなりません。

時間帯としては、値動きが大きくなる「大きな市場が参入してくる時間」が狙い目となります。

以下の時間帯付近がこれに該当します。(表示は日本時間)

・日本市場 9時〜11時

・ロンドン市場 16時〜18時(サマータイム適用時は15時〜17時)

・ニューヨーク市場 22時〜24時(サマータイム適用時は21時〜23時)

スキャルピングに適した通貨

スキャルピングは短期決戦の為、値動きが荒い通貨が好まれます。

その方が、目的の利益額に達しやすい為です。

イギリスポンド(GPB)やユーロ(EUR)などがこれに該当します。

また、トレードする回数が多くなるのでスプレッドの影響を大きく受けるのがスキャルピングです。

なので、スプレッドが狭い米ドルもスキャルピングに適している通貨です。

スキャルピングで使うチャート

主に使うのは「1分足」「5分足」となります。

場合によっては、チャートを見ずにレート(値段)だけを見てトレードする事もあります。

15分以上の中〜長期足チャートを使う事で、買いと売りどちらで入るかの参考として考える事も必要となります。

メリット・デメリットまとめ

スキャルピングのメリット

・理論上は最も利益が上げることが可能

・上級者であればコンスタントに利益が上がる

・ポジションを持っている時間が少ない為、投資以外の時間は相場を気にしなくて済む

スキャルピングのデメリット

・理論上、損をする金額も大きい

・初心者には相場を読むのが難しい

・トレード中は相場に集中している必要がある

・値動きの大きい時間帯はFXに集中する事が好ましい

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス