全ての社会人へ 「FXで収入を得る選択」

ビジネス2

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

はじめに

数あるwebサイトの中から当サイトにお越しいただきありがとうございます。

当サイトのコンセプトは、以下を提供する事です。

「FX投資家が正しい知識を得て、自分の考えで投資利益を上げる事」及び

「堅実に利益を上げるFX投資家が有益となる情報・データを吸収し、更に知識の幅を広げる事」

このページでは、これらの前提となる「なぜFXをやるのか?」をお伝えできればと思います。

「職」と「収入」

ここに来ている方はサラリーマン、OL、フリーター、主婦、公務員、学生などの職業に就かれている、もしくは無職の方がほとんどだと思います。

その他には自営業の方もいらっしゃいますね。

突然ですが現在、会社の給与や国の保護金以外に収入を得られているでしょうか?

副業でアルバイトやネットビジネスをしているかもしれませんし、当サイトを見に来ているという事は投資家の方も多いでしょう。

もし少しでも利益を上げているなら、それは大変素晴らしい事だとわたしは思います。

副収入を得られていないどころか、行動も起こしていない方。

今の日本の状況を知り、一度考えてみてほしいです。

日本人の収入と支出

以下は、日本のサラリーマンの平均年収推移です。

スクリーンショット 2015-12-30 22.25.02

引用元:年収ラボ|サラリーマン平均年収の推移

平成9年が467万円、平成26年は415万円である事が分かります。

このグラフで大事なのが、リーマンショックがあった平成21年から平均年収がわずかしか回復していない事です。

平成26年って不景気

以前と比べて50万円以上も企業が支払う1人あたりの給料は減少しているんです。

しかも、それとは反して税金は上がる一方です

少し前まで3%だった消費税も5%に上がり、8%に上がり、もうすぐ10%になろうとしています。(一部の商品除く)

また、物価は安くなっていません

スクリーンショット 2015-12-31 9.27.45

引用元:総務省統計局|消費者物価指数の動向

総合的に見ると物価は上がっていき、収入が減っているにも関わらず支出が増えている状況です。

この先の日本はどうなるか分かりませんが、少子化が進んでる事もあり、国としての経済力はどんどん下がっていくと推測されています。

今の子供たちが社会に出る頃にもなると、会社で真面目に働いているだけでは満足に暮らしていけなくなっている可能性もある程です。

外側に依存した収入

また、現在充分に給与をもらっている方も無関係ではありません。

もしも今の会社がなくなってしまったら、または退職しなくてはならない事情が起きたら、現在以上の収入を継続して得られる保証はありません。

なぜならそれは外側(会社)に依存した収入だからです。

これからは外側(会社や国)からだけでなく、内側(自分の力)からも収入を得る重要性が高まってくると言えます。

内側から収入を得る方法の選択肢

分類すると大きく3つに分かれます。

  1. 労働や時間を収入にする
  2. 技術や知識を収入にする
  3. モノが収入を作る

例えば本業が終わった後に、家事手伝いをして収入を得た場合は、「1.労働・時間」に当てはまります。

複数が当てはまるものもあります。

webサイトを委託されて制作する場合は、まず「2.技術・知識」が前提条件になり、他にも「1.労働・時間」が必要です。

どの方法にもメリット・デメリットがありますが、1つだけ確実に言える事があります。

それは「3.モノを収入にする」が出来ればが圧倒的に効率が良い事です。

モノを収入にするとは

直感的にイメージされるのは、不用品をネットオークションなどで販売するなどですが、これはモノ自体がすぐ無くなってしまいますし、意外と労働力と時間が必要な作業になります。

わたしの考える「モノを収入にする」とは「作業を最小限に抑え、収入を自動化する事」です。

これに該当するもので最もポピュラーなのが投資です。

投資で利益が上げられるようになると、時間をかけず労働をしなくても稼げる収入源が完成するので、他の事に時間を割く事ができます。

できれば1つの方法に絞らず、複数の収入源がある方が自己収入力は高まるので、「投資+α」の組み合わせがベストでしょう。

投資にも株式、為替・FX、不動産、商品先物など多数存在します。

その中でわたしが推奨しているのがFXです。

なぜFXなのか

理由は大きく2つあります。

1つ目が、副業として参入し易い事です。

株や不動産と比べ、FXは手数料が安く、平日夕方や夜でも取引ができます。

インターネット環境が整備されてきた現在では、どこへ行ってもPCやスマホさえあればFXができるようになっています。

2つ目が、作業量に対する収入力が強い事です。

FXと言っても投資法は様々ですが、わたしの行っているスイングトレードやスワップ運用の場合だと、1日5分程度の作業で済みます。

1日5分の作業で、本業の約1/2の収入を得ています。

念のため言っておきますが、これは誰でも出来る事ではありません。

わたしはFXを始めた当初、全然利益を上げれませんでした。

その後、土台となる知識を付ける事に膨大な時間を使った為、今の状況を築けています。

当サイトでは、わたしのナレッジや、新しく仕入れた情報を発信して投資はギャンブルじゃないと広める事で、投資家人口を増やし、全ての投資の環境を向上する事に貢献します。

FXがギャンブルと言われる理由

FX未経験の方、もしくは以前まで経験していた方は、

「FXはギャンブルと同じ」と考える方も多いです。

が、これは投資が何なのかが理解できていない方です。

FXを含む外国為替は「ゼロサムゲーム」である事は事実です。

ゼロサムゲームとは、勝者が得した分、同じだけ敗者が損しているという事です。

(手数料がある為、実質は全く同じではありません。)

為替市場に参加しているのは、相場を経験している世界中の企業と投資家たちです。

知識もない状況が経験者より有利な事ってなかなか無いですよね?

FXをギャンブルと考える人は、吹雪の中に裸で進んでいる事に気付いていません。

よく見られるのが、ハイレバレッジ根拠がないトレードです。

これをやっていたら、「ギャンブルだと思うのも無理はない」と言わざるを得ません。

当サイトでは、堅実だが着実に利益を上げる投資法を発信します。

内容をしっかり理解した時には「投資はギャンブルじゃない」事がわかると思います。

まとめ

なぜ自分の力で収入を得るのか、それにはFXをやるべきである事とその理由を述べました。

まだ副収入を得ていない方や、FXを始める事に躊躇している方のためになれば幸いです。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス