FXを出来る限り自動化する2つの方法

複利画像

以前にこちらの記事で、収入を得ることに手間をかけず、「モノが収入を作る環境」を完成させることが大切だと話しました。

全ての社会人へ 「FXで収入を得る選択」

今回は、FXの利益を自動的に上げる方法を重点的にお話しします。

自動化の考え方

まずFXにおける自動化を定義すると、投資家の時間と労働をなくす事になります。

その中でも、一切時間もかからないし労働が必要なければ完全自動

一部のフェーズを自動、残りは投資家の時間と労働が必要になる場合、半自動とします。

システムトレード

FXの自動化と聞いてパッと思いつくのがこちらです。

システムトレードは、「メタトレーダー」と言うプログラムにトレードルールを覚えさせておき、市場の値動きがルール内のトリガーに引っかかった時に自動でエントリー・決済を行ってくれるという半自動な仕組みです。

わたしはこちらの口座で利用していました。
トライオート

ですが、以下のデメリットが大きくなってきたので最近は使っていません。

メリット

・エントリーと決済をプログラムが自動で行う為、手間と時間がかからない

・裁量トレードと比べるとチャートを見る事が少なくなるため、投資の精神的負担が軽減される

デメリット

・システムトレードは全般的にスプレッドが広い

・トレードルールを調整する、もしくはプログラム自体を変更する必要がある為、完全自動にはできない

・システムトレードをエサにしている集団が存在し、本当に優秀なプログラムを見つけ出すのが至難(システムを販売する業者)

システムトレードまとめ

自分で投資の方向性を決めて、トレードは機械的にしたいと思う方には合っている方法です。

ルール調整や優秀なEA(プログラム)の発見にはそれなりの知識が必要になります。

システムトレードは多数のFX会社が提供してますが、こちらの口座を推奨します。
セントラルミラートレーダー

投資のプロに外注する

FX投資家の中にファンドというプロ集団がいます。

ファンドは投資金を自分(自社)以外にも一般投資家から募り、大きい元手で市場を動かす力があります。

実際のところ、個人投資家が損をした分の大部分はファンドの利益となっています。

投資の知識や技術も、一般投資家に比べ高い水準で持っています。

当サイトではスワップサヤ取りの連載をしていましたが、このスワップサヤ取りを仕事にしているファンドが存在します。

みんなでアビトラ

※リンク先で「アービトラージ」という用語が出てきますが、「サヤ取り」と同義です。

わたしは自分で行う投資以外にも、負担・資産の分散と投資法勉強の意味でこちらのファンドを利用してます。

親会社のフォレックスクラウンと連携している為、信頼性のあるファンドです。
(フォレックスクラウンは10年間の実績がある第一種金融商品取引業者)

しかし、企業や実績がしっかりしていないファンドは利用しない方が良いです。

最低限「一般社団法人金融先物取引業協会」に登録しているか確認しましょう。

メリット

・投資をプロに任せ、精度の高い完全自動にできる為、手間や時間がかからない

・自分の技術や知識不足による失敗リスクを避けられる

・自分で投資するより利益額が大きくなる可能性が高い

デメリット

・投資の方向性を自分で決める事ができない

・ファンドの失敗が自分の損に繋がる(ファンド選びでリスク回避)

投資のプロに外注する まとめ

投資に手間と時間をかけたくない方、利益を上げる自信がない方にとって、ファンドと個人投資家は相乗効果を見出せる仕組みとなっています。

わたしのように資産運用を分散したい方にも利用するメリットがあります。

と言っても、自分の資産を預けるファンドは慎重に信頼できる企業を選びたいところです。

わたしが利用しているファンドについては、こちらから資料請求などで確認ください。
みんなでアビトラ