《トレード結果》ランド円 スワップサヤ取り 2016/1/11

南アフリカ国旗

南アフリカランド/円のスワップサヤ取りポジションを手仕舞いしました。

というか、勝手に決済されました。

結果的にはプラスで終わったんですが、何と言うか・・・今回のトレードは自分で情けなくなりましたね・・

スワップサヤ取りを簡単に説明すると、高スワップ通貨を買いと売り口座の2社で同じ量ポジションして、スワップ差が毎日入ってくるってゆう手法なんですね。

わたしの場合、GMOくりっく365で100万ランド買って、DMM.com証券で100万ランド売って毎日400円のスワップ差を受け取ってたんですが、見てのとおり小さい利益をコツコツ稼ぐ系の手法なんです。

スワップサヤ取りの良いところは為替差益の影響がない事なんですけど、今回ミスって大きな影響が出るところでした。

原因は資金移動後に指値を修正し忘れた事です。

決済に至った状況を時系列で書いていきます。

1/4 AM8時 ランド円が下がってきたので買い口座に50万円資金移動する。寝起きだったからか売り口座の指値修正を忘れる

1/11 AM7時 ランド円さらに6.5円付近まで急落。買い口座はロスカット直前で耐えるも、売り口座が7.02円の指値で決済される

1/11 PM6時 「あれ?ポジションなくなってる?」指値の修正漏れにやっと気付く。この時7.14円まで戻っていたので買い口座も速攻決済

結果、プラス12pips(0.12円)で約13万円の利益を得られたのですが、もしも買いがロスカットされてたら100万円くらい飛んでましたね・・・

FX歴7年、スワップサヤ取り歴3年ですが、「初心忘れるべからず」とは本当にそうだなとつくづく思いました。

戒めの意味を込めて、しばらくスワップサヤ取りは自粛します。荒れたトレンド相場はやりづらいのもありますが。

相場が落ち着くまでショートメインのスイングトレードにしようと思います。

スワップサヤ取りの詳細はこちらをご覧ください。

スワップサヤ取りの知っておくべき知識まとめ

指値を入れる理由はこちらの記事に記載してます。

スワップサヤ取り7:ロスカットのリスクと対策

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス
スポンサーリンク
自動サイズアドセンス