為替市場における強者とは

強者

現在のFXはさまざまな所で取引されており、個人投資家から銀行までさまざまです。

よく「個人投資家の9割は為替利益を出せていない」と聞きますが、その理由は今回の記事を見て頂けると納得いくかと思います。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

為替市場の強者

強者の定義は

・投資金がどのくらいあるか
・金融知識を持った人材がどのくらい投資に時間をかけるか
・その他の制約はないか

どれかが高くても市場への影響力は低く、全てが備わっている事が必要です。

4位 個人兼業トレーダー

本業の傍ら投資を行っている個人です。

人により差がありますが、投資金と金融知識は低い場合が多く、FXが本業ではないので時間をかけられません。

為替市場では最も不利な立場なので「トレンドに乗る」ことが大事になってきます。

つまり、強者の動きを予測して相乗りする事で、利益を確保します。

3位 個人専業トレーダー

投資を本業としている個人です。

兼業トレーダーと比べると投資金と金融知識は高いですが、それでも市場参加者の全体で見ると低水準です。

時間は比較的多くかけられる方が多いです。

投資スタイルは兼業トレーダーと同じく、主に「トレンドに乗る」事です。

2位 中央銀行

各国に存在しますが、日本では「日本銀行」が該当します。

資金力、金融知識は抜群に高いですが、利益を目的としたトレードは基本的に禁じられています

主に為替レートが経済的に好ましくない時に為替参入し、レート調整を行います。

影響力はありますが、制約もあるため2位です。

1位 ファンド

自社と投資家から資金を募り、利益を目的とした企業です。

圧倒的な資金力を持ち、投資は専門のプロが行います。

有名なファンドは、1つの企業で小さな国の国家予算ほどの資産を持っています。

参入時間が基本的に日中帯となりますが、世界各国のファンドが24時間活動しています。

まとめ

為替市場の状況から言うと、個人投資家は「トレンドに乗る」か「ファンドに任せる」の2通りが有効だと思います。

これらの方法をまだ試していない方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス