ネットショップ開業1年間の予算上限と売上目標を決めよう

貯金

どんなネットショップを始めるか計画するにあたって、商品や業者選定の前に決めておくべき事があります。

それは開業と運営にかかる予算上限です。

予算をあらかじめ計算しておかないと、商材選びや運営中に資金が足りなくなり閉店せざるを得なくなるといった悲しい事にもなり得るからですね。
(実際にこの状態になるお店をよく見かける)

他の事が上手くいっても、1つの事で全てがパーになってしまう事はとても勿体ないので、予算面も計画的に進めましょう。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

予算上限の決め方

予算の決め方には3種類の方法があります。

「手持ちの資金から算出」「手持ち資金と借入可能金から算出」「適正資金を予算とする」

1つずつ解説していきます。

手持ち資金から算出

ありのままの資金力で勝負するリスクが少ない方法

手持ち資金とは単純に「貯金 ー 生活費などの必要資金」の事です。

例えば貯金が100万円ある場合、そこから生活費など他の必要資金を差し引いて残ったのが50万円だったら、ネットショップの開業・運営費用には50万円までと決めて商品選定や業者決めを行います。

ですが、手持ち資金が少ない場合はすぐに売上を上げるのが難しい側面もあります。

手持ち資金と借入可能金から算出

リスクは高いが、結果的に大成功する可能性も高い方法で、本気でネットショップに取り組みたい方向けです。

手持ち資金に銀行や消費者金融から借金して予算を作ります。

開業直後からネットショップに投資出来るので、早い段階で利益を出すことが可能です。

適正資金を予算とする

一般的には300万円あれば開業としばらくの運営が充分な質で行えると言われています。

どれくらいの本気度で取り組むかによって異なるので、参考値として考えるべきです。

本気で売れるネットショップを作りたい場合は300万円では少ないし、副業や趣味でお小遣い稼ぎをしたい方は数万円で1年間ネットショップを運営する事も可能です。

開業1年後の売上目標を決める

予算を決めたら次に売上目標を立てていきましょう!

ネットショップ初心者で実店舗も持っていなければ、予算の110%を目標とする事を推奨します。最初の1年で一気に稼げる方も稀にいるが、基本的にはネットショップの土台作りと考えましょう。

既にネットショップや実店舗をお持ちの方は、予算の120%以上を目標にすると良いです。

ここまで決まったら、商材選びに進みましょう。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス