独自ドメイン店とモール店のメリット・デメリットを比較!

大川とユウ

ネットショップにおいて、独自ドメイン店とモール店はお客様のニーズが大きく異ります。
このニーズを把握する事がネットショップ戦略の大きなカギとなるので把握しておきましょう。

そして、自分の決めたネットショップコンセプトに合うのが独自ドメイン店かモール店か、判断してください。
もちろん複数店舗展開する事も可能なので、店舗別戦略を考える為の参考になればと思います。

まずは用語解説から。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

独自ドメイン店とは?

ドメインとはインターネットの住所に当たるもので、URLの「http://」を抜かした部分です。

独自ドメインはネットショップでオリジナルのURLを作成できる為、実店舗で言う路面店の位置づけとなります。

当サイト「Mikan Blog」も独自ドメインを使用していますが、トップページURLは以下のようになっています。

http://mikanfx.com

独自ドメイン店はショッピングカートASPと契約するか、レンタルサーバーに自分でショッピングカートを搭載する事で実現できます。

モール店とは?

モールは独自ドメインと違い、一つの住所に複数のネットショップが並んでいる環境です。

まさに実店舗のショッピングモールと同じような感覚ですね。

例えば、当ブログが大手モールである楽天市場にネットショップを開いたとしたら、店舗ページはこんな感じのURLになります。

http://www.rakuten.co.jp/mikanfx.com

Yahoo!ショッピングなどのモールも存在するが、毛色が全く異なるので今回は「楽天市場」「Amazon」のような大手モールとして考察していきます。

独自ドメイン店のメリット・デメリット

メリット

・転換率と単価が高くなりやすい
・ネットショップの専門性を活かしやすい
・店舗のファンとリピーターが付きやすい
・運営コストが低く抑えられる

デメリット

・集客アップの難易度が高い
・モールの固定客が訪れない
・大衆向けネットショップは成功しづらい

メリット詳細

独自ドメインの集客は、検索エンジンからキーワードを入力して訪れるお客様がメインとなる為、購買意欲が高いです。

検索エンジンから流入したお客様は「こんなモノが欲しい」とイメージが固まっているんですね。
つまり、転換率と単価が高くなり、売上アップにつながります。
そのイメージと近い商品が豊富に揃っていると「ここで買おう」と決めてくれるので、専門店が有利になってきます。

モール店で買い物をしたお客様は「楽天で買った」「Amazon」で買ったという印象を持つが、独自ドメイン店はネットショップ名を覚えてもらえます
気に入ってもらえれば「またあの店で買おう」となり、ファンやリピーターを増やしやすいのも大きなメリットですね。

コスト面はモール店より断然有利だ。初期費用・月額費用だけでなく、売上に対する手数料も全て大手モールの半額以下で抑えられます
原価率が高い商品の場合、独自ドメイン店で売らないと利益にならない事だってあるくらいです。

デメリット詳細

集客の手段がSEO対策とSNS等の外部サイトからの流入となる為、良い店舗であっても目に付きづらいです。
早急に集客するには、コストをかけて広告を出さないと難しいです。

大衆向け百貨店のようなネットショップは独自ドメイン店に向いていなません。
百貨店に訪れる人は「色々と見て決めたい」訳で、それならモールの方が品揃えもあるし、ユーザ登録しているのですぐ買えるからですね。
この理由から、「楽天やAmazonでしか買わないショッピング好きな客層」もたくさんいて、独自ドメイン店に呼び込むのはハードルが高いのが現状です。

モール店のメリット・デメリット

結論から言うと、独自ドメイン店の真逆です。詳しく見ていきましょう。

メリット

・開店直後でも注文されやすい
・大手モールの固定客が訪れる
・大衆向け百貨店のようなネットショップが有利

デメリット

・転換率と単価が低くなりがち
・専門店ネットショップは不利
・ファンやリピーターが付きづらい
・運営コストが高い

メリット詳細

特にAmazonに言える事ですが、売上を早い内から上げられます
Amazonで買い物した事がある人なら分かると思いますが、基本的に店舗ページではなく商品ページから買い物をする事になります。他の出品者よりも低価格で提供する事が注文される可能性が高くなってきます。

大手モールにおける最大のメリットは、圧倒的な集客力です。日本ではネットショップで買い物する人の半分以上が「楽天市場」か「Amazon」で買い物をしてます。
他では買い物しないという人だって多く、何故ならお客様から見れば「何でも揃ってる」し「ユーザ登録が1回で済む」からです。
この優位性が集客力の大きな理由となっています。

百貨店タイプのネットショップはモールが有利です。
モールには比較買いや衝動買いをするお客様が多く、目当ての商品はないけど、色々見て良いものがあれば買いたいという人に対して、複数ジャンルの人気商品を陳列すれば目に止まる可能性が高まってきます。

デメリット詳細

前途の通り、モール店はショッピング目的で来ているお客様が多いです。
自分のネットショップに訪れても、パッと見で良さそうな物が無いとすぐ離脱してしまう為、転換率が低くなりがちです。
また、比較して安い物を探す人も多いので、単価も低くなります

専門性のあるネットショップは見つけてもらえればいいけど、モールに来ている人はジャンル毎の人気商品を見る傾向にあり、大衆性のある商品が優位となる傾向があります。

Amazonに限った話だが、お客様は「Amazonで買った」というイメージを持ちます
・配送の段ボールに「Amazonのロゴ」が入る(最近はロゴなしも選択出来るようになった)。
・店舗ページは表に出ず、商品ページをAmazonのフォーマットで出す事になる。
・メールマガジンを店舗が自由に出すことは出来ない
などなど、表舞台はAmazonでネットショップは裏方という位置付けですね。(その分、運営の負担は減りますが)
楽天は店舗ページを持つことが出来たり、店舗側でメールマガジンを送信する事が出来る分、ネットショップと楽天の両方にファンが付くような仕組みになっています。

大きなデメリットになるのが運営コストですね。
初期費用や月額利用料も高いが、モール特有の「売上手数料」が存在します。
商品タイプによって金額はさまざまだが、売上の15%程度はモールに手数料を支払う必要があり、独自ドメイン店は3%程度に抑える事が出来る為、利益率が大きく異なります。

まとめ

独自ドメイン店とモール店では「どんなネットショップが優位になるのか」を解説しました。

まとめると、独自ドメイン店の特長は、
高い転換率と単価専門店販売したい人向け低コスト

モール店は、
高い集客力百貨店製造したい人向け

これらを理解した上で、自分のネットショップはどっちタイプか検討してみてください!

資金に余裕があれば、楽天市場+独自ドメイン店の複数店舗オープンも両方のメリットを取れるので良策です。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス