ネットショップのドメインに「.jp」をオススメする理由

日本国旗

!注意!画像は目玉のオヤジではありません。
(日本国旗をアイコンっぽくしてます。)

はい、今回はネットショップのドメインについてです。

ドメインとはURL「http://〜〜」の「〜〜」の部分です。

ショッピングモールで出店するとモールドメインの配下に自社のサブドメインが付き、ショッピングカートをASPからレンタルしたり、独自でサーバを作り上げている場合は自分で好きなドメインを作成できます。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

ドメインには数百万円の価値がある

ドメインはネットショップの今後を左右する大切な「住所」なので、良いドメインを取得したいですね。

この良いドメインは希少価値があって、高額で売られてたりするんですよ。

スクリーンショット 2016-01-22 18.48.21
これは某ドメイン取得業者さんが売ってるドメインですが、345万円で販売されているプレミアムドメインです。「.com」は企業サイトなどでも人気がありますね。

これくらいの価値がある程、ドメインは大事なんです

実店舗で言うなら、銀座の中心にドンと構えるか、小さい離島の山の中でひっそり商売するかって感じですかね。

銀座の中心がこの「プレミアムドメイン」ですが、以前に使っていた人が手放して、その時のGoogle評価が高いから何百万もの価値があります。

ですが、最初から高価なドメインを買う必要は無くて、自分のネットショップに合った低コストなドメインを取得すべきです。単純にコスパが良いからですね。

良いドメインの条件

良いドメインには条件がいくつかあります。今回は「ネットショップのドメイン」に焦点を当てて書きます。

・なるべく短くて覚えやすい
・ネットショップ名や商品ジャンルとマッチしてる
「.jp」ドメインである

上の2つはどんなサイトでも同じ事が言えますが、「.jp」はネットショップ独特のメリットがあります。

1つずつ見ていきましょう。

短くて覚えやすい

リピーターがネットショップに辿り着きやすくなる為です。

http://com.com

とかだとスンゴイ覚えやすいですよね。
店名を忘れてGoogle検索でも辿り着けないお客様がURL直打ちで来てくれたりします。

ネットショップ名・商品ジャンルとマッチしてる

これも主な理由は似ていて、ネットショップ名と同時にURLも覚えてくれてたお客様が辿り着ける導線を作っておくのです。

また、URLにもSEO効果が期待され、検索エンジンからの集客力が高まると言われています。

#検索エンジンのアルゴリズムは公表されておらず、SEOを研究する人たちの憶測です。
#経験上、Google検索した時にURLで引っかかって表示される事がよくあるので、わたしは少なくとも効果があると思っています。

つまり、ネットショップ名が「mikan」商品ジャンルが「本」だと、

http://booksmikan.com

とか

http://honyamikan.com

にすると、本・ブック・bookで検索した時に上位表示される可能性が高まるのです。

「.jp」ドメインである

ドメインにも「トップレベルドメイン」というものが存在します。
これは「ドメイン業界でも一層強いドメイン」程度に考えておいてください。

トップレベルドメインの中で取得しやすいのがコレです。

.jp
.com
.net
.co.jp
.info

どれも意味があって「.com」は商用ドメイン、「.co.jp」は企業用ドメインです。

そして「.jp」は日本を意味するドメインで、日本に住所を持っている人だけが取得できるんですよ。

ネットショップは今後「越境EC」が盛り上がり、海外への販売が当たり前になる時代が来るでしょう。
その時に.jpドメインでネットショップを持っていたら、本当に日本のネットショップなんだと海外のお客様を安心させる事ができます。

外人さんは日本ブランドへの信頼感がとても強いですからね、ありがたやありがたや。

更に、先ほど紹介したトップレベルドメインの中でも「.jp」だけ二文字である事に気付きましたか?
前途したドメインはなるべく短くって話にも対応できるんです。

実際に.infoは不人気で検索エンジンで上位表示を狙う人は避けます。単純に四文字だからです。安いんですけどね、.infoは。

ですが.jpにもデメリットがあって、人気もあるためコストが高めです。

レンタルショッピングカートASPがドメイン取得サービスをやってたりしますが、年間8000円くらいするんですよね。
.comなら4000円くらいなので、コストと効果を見極めた上で決めてください。

また、自分で.jpドメインを取得するならGMOデジロックのバリュードメインがオススメです。

.jpドメインに強く、年間3000円程度の低コストで済みます。

まとめ

ネットショップならではのドメインにおける優位性を活かして集客に役立ててください。
今後のネットショップ業界を鑑みると、.jpドメインを取得しておいて損はないと思います。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス