トルコリラ・豪ドル・ランド スワップサヤ取り近況 2016/1/30

グラフと手

以前にこちらの記事で南アフリカランドのスワップサヤ取りが効率的じゃなくなっているという話をしました。

ランド円スワップサヤ取りの近況 2016/1/27

※一時的なものであった可能性が高く、現在確認したところ2月1日に支払われる予定のスワップポイントが元の水準に戻っています。

ランド/円のスワップサヤ取りが非効率なら、他の高金利通貨はどうだろう?と思い、トルコリラと豪ドルを調べてみました。

スワットサヤ取りの詳細はこちらの記事をご覧ください。

スワップサヤ取り総集編 FXでノーリスクに稼ぐ唯一の方法

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

計算方法

現在の値段はだいたいですが豪ドル85円、トルコリラ40円、南アフリカランド7円です。

この価格差から同じ量の証拠金でトレードできる枚数を出します。

豪ドル: 1万通貨
トルコリラ: 2万通貨
南アフリカランド: 10万通貨

この枚数でスワップサヤ取りした時に発生する、1日の利益を通貨毎に計算しました。

豪ドル(1万通貨)

買いスワップが最も高いのはヒロセ通商の50円
売りスワップが最も安いのはDMM FXの-40円

1万通貨あたり10円/1日のスワップサヤ取り益を受け取れます。

トルコリラ(2万通貨)

買いスワップが最も高いのはヒロセ通商の230円
売りスワップが最も安いのはGMOクリック証券【くりっく365】のマイナス212円

2万通貨あたり18円/1日のスワップサヤ取り益が受け取れます。

南アフリカランド(10万通貨)

買いスワップが最も高いのはGMOクリック証券【くりっく365】の130円

売りスワップが最も安いのはDMM FXのマイナス90円

10万通貨あたり40円/1日のスワップサヤ取り益が受け取れます。

まとめ

わたしが色んなFX口座のページを徘徊した結果、上記の組み合わせになりました。
マイナーな口座を含めると、もう少しスワップサヤ取り益を受け取れる組み合わせがあるかもしれません。

予想どおりですが、南アフリカランドが一番スワップサヤ取りに適してる結果に。

日銀のマイナス金利による影響で、2月に入ってからスワップポイントにも変動がありそうなので、しばらく様子を見てスワップ運用、スワップサヤ取りをエントリーしていきます。

マイナス金利についてはこちらのニュース記事を参照ください。

日銀がマイナス金利を発表!スワップポイント派には朗報?

《お知らせ》オススメの仮想通貨取引所「coincheck」さんに登録すると、今なら最大5000円キャッシュバックのキャンペーン中です!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス