ブログランキングサイトにおける良コンテンツの見極め方を暴露します

  1. 見極める

「にほんブログ村」や「人気ブログランキング」のようなランキングサイトで、上位にランクインしているブログを見て「何でこんなブログが上位なの・・」と感じた事はありませんか?

今回は「低品質なコンテンツがランキングサイトの上位になっている理由」と、「良質なコンテンツを見極める方法」を解説します。

結論を最初に述べておくと、OUTポイントが多いブログは良質である法則があります。

ランキングサイトには「INポイント」と「OUTポイント」という概念がありますので、まずはこれを説明します。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

INポイントとは

参加者のブログに設置されている投票ボタン(当ブログのサイドバー上部にある)やテキストリンクをクリックすると、ランキングサイトにページが遷移します。

何人が遷移したかを計算し、多ければ多いほどINポイントが大きくなります。

デバイス(パソコンやスマホ)とIPアドレス(インターネット上の住所のようなもの)が違えば1人とカウントされる為、これらが多数ある環境なら簡単に自演でINポイント上位になれます

OUTポイントとは

INポイントとは逆に、ランキングサイトから参加者のブログを見に行った人数に伴って増えていきます。

これも同じく自演可能ですが、OUTポイントが多くても来訪者は増えないという考え方から、INポイントと違い自演する人は少ないです。(理由は下述します)

自演を見極める方法

ブログランキングサイトでは、各カテゴリーページで「どのブログがINとOUTが何ポイントなのか」表示されるようになってます。

下の画像は投票(IN)されてるけど閲覧(OUT)が少ない例です。
INよりOUTが断然少ない場合、ランキングが高くても肝心なブログの中身が薄っぺらい可能性が高いですね。(私の経験則です)
つまり、自演である可能性が高いです。

ブログランキング

下の画像は逆に閲覧(OUT)が多く投票(IN)が少ない例です。
これはリピーターが多い、つまりランキングサイト経由でブログを見に行く人が多い事を意味してます。
この場合は役に立つ・面白いなど有益なコンテンツ提供をしてるブログの可能性が高いです。

OUTランキング

なぜINを自演するのか

それはランキングサイトの仕組み上、INポイントが高いほど露出も増える為、自分のブログにアクセスされやすくなるからです。
ランキングはINポイント順が全面に押し出され、OUTポイント順に変更するボタンはなかなか気付かれない所にあります。

これって、ランキングサイト側は利益を出すためにINポイントを増やして欲しいので、こうなってるんですよね。

もう少し具体的に説明すると、投票(IN)=ランキングサイトへアクセスする事になります。
アクセス数が増えると、それに伴って広告の露出度が上がる、広告をクリックしてもらえる場面が増えますよね。
これによって広告収入を得られるので、ランキングサイトはINポイントの高いブログを優遇するのです。

あとがき

冒頭にもあった「何でこんなブログが上位なの・・」と感じた人は、OUTポイントが高いブログを見る方法に切り替えてみてはいかがでしょうか。

「にほんブログ村」や「人気ブログランキング」は当ブログのサイドバー上部にリンクボタンがあるので、そこからアクセスできます。
しかし、同時に当ブログへの投票もされる事になるので、「この記事が役に立った」と思った方だけそちらからアクセスをお願いします。

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス