スワップサヤ取り2:サヤ取りとは?

経済1

どうも、みかん◎です。

今回は「スワップサヤ取り」の「サヤ取り」の部分を説明していきます♪

サヤ取りはリスクが少なく成功者が多いんですが、あまり浸透していないんです。
きっと低リスクよりも高リターン好きな人が多いからと予想します 笑

スワップサヤ取りは「異業者両建て」とか「スワップタダ取り」とか「アーピトラージ」とも言ったりします。

この言葉から、どんな手法なのかイメージできますか?

………

「なるほど!」と思った方はFXの知識と高いIQをお持ちですね!下を見て答え合わせをしてください!
「全然わからん!」って方は下を熟読してください 笑

スポンサーリンク
自動サイズアドセンス

サヤ取りとは?

例えば、A社というFX業者があるとします。 このFX業者は、スワップが高い事で有名です。
A社の南アフリカランド円の買いスワップは10万通貨で+130円/日です。

一方B社は、為替差益重視の投資家に人気があります。
そのため、B社のスワップは安く、南アフリカランド円の売りスワップが10万通貨で-80円/日です。

では、南アフリカランドをA社で10万通貨買い、B社で10万通貨売ったとします。

すると、1日でもらえるスワップは
130円 – 80円 = 50円となります。

「それって意味あるの?A社の買いだけにした方が得じゃん!」と思った方もいると思うので、このサヤ取りによるメリットを挙げていきます。

スワップサヤ取りのメリットは?

メリット1 為替差によるリスクがゼロ

買いと売りどちらも同じ量の通貨を投資しているので、ローソク足が上がろうが下がろうが資金はプラマイゼロです

スワップ派の方で、「スワップで少し儲けたけど、結局は為替差損でマイナスだ。。。」

って話はよくありますが、サヤ取りではほんの少しのリスクを理解すれば必ず稼げます。

リスクについては以下の記事を参照してください。

スワップサヤ取り その6:FX口座の金利変更によるリスクと対策

スワップサヤ取り その7:ロスカットのリスクと対策

メリット2 初心者でも簡単に利益を上げられる

FXの勉強をみていると、やれMACDだとか平均移動線だとか、さらにはファンダメンタル分析だーとか、なかなか理解するのが難しいですよね。

サヤ取りは為替差による利益を狙わない為、テクニカル分析とファンダメンタル分析は一切関係ないので、初心者でもすぐ始められ、利益を上げられます

メリット3 チャートを見る時間が少ない

短期トレードをしている人はチャートをチラチラ見ますよね。稼ぐため仕方ない事ですが、サヤ取りではチャートを見るのは1日1回程度で大丈夫です。
(レバレッジ次第では週1で良かったり、1日3回程度見た方が良かったりします。これも後日書きます。)

サラリーマンや主婦の忙しい方は特に嬉しいですね。

大きくはこの3つですが、それに紐付いてくるメリットはたくさんあります♪
(為替差リスクゼロでチャート見るの少ないから、精神的ストレスが少なかったり〜とか)

スワップサヤ取りのデメリットは?

ただし、サヤ取りにはデメリットもあります。

それは、為替差を狙う投資と比べてリターンが少ない事です。

スキャルピングのような短期トレードが大リスク大リターンだとすると、
サヤ取りは小リスク中リターンって感じですね。

てなわけで、サヤ取りの概要でした。

スワップサヤ取りを一まとめに知るにはこちらの記事を併せてご覧ください。

スワップサヤ取り総集編 FXでノーリスクに稼ぐ唯一の方法

《お知らせ》オススメの仮想通貨取引所「coincheck」さんに登録すると、今なら最大5000円キャッシュバックのキャンペーン中です!
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
スポンサーリンク
自動サイズアドセンス
自動サイズアドセンス